気になる「子どもの足音」!日ごろから交流深めトラブル回避を

「マンションの騒音」で多いのは、階上から聞こえてくる(響いてくる)「子どもの足音」ではないでしょうか。

「走り回る音」「飛び跳ねる音」「高い所から飛び降りる音」など、さまざまな「子どもの足音」があります。

静かで平穏な暮らしをしたい人にとっては、この「子どもの足音」は相当なストレスになります。

管理事務所を通して苦情を伝える

騒音が気になる場合、当事者同士では互いに感情的になることがあるので、管理事務所(管理員)を通して先方に苦情を伝えるといいと思います。

また、管理事務所か理事会名で、騒音についての注意を呼びかける文書を、マンション内に掲示してもらうのがいいかと思います。

直接伝える

第三者を通さずに、直接苦情を伝えたほうがよい場合もあります。

それは、階上の人と顔見知りだったり、常日ごろからお付き合いをしているような場合です。直接相手に対し、「お子さん、元気いっぱいね。成長が楽しみね。ただ、ちょっと足音が気になるときがあるの。朝と晩は気をつけてくれるとありがたいかも」という風に、カドが立たないようなソフトな言い方で困っていることを伝えると、相手も「朝と晩」のみならず、気をつけようとしてくれるかもしれません。

強く警告する

時々、他人の迷惑を顧みない性格の人もいます。「子どもは音をたてて当然。いちいち目くじらを立てる方がおかしい」といって開き直るような人がごく少数ですが、いるにはいるようです。

そうした場合は、管理事務所を通して、文書等で少し強めに「警告」する必要があるでしょう。近年、騒音トラブルに関する訴訟が起こされて、子どもの騒音を出す家庭に対して損害賠償を命じる判決も下されていますが、当事者間で解決できなければ法的手段に訴えることになることをほのめかす文書を先方に送るのです。

それでも改善されなければ、実際に裁判に訴えるという選択肢もあるでしょう。

日ごろからの交流を

マンションという共同スペースでは、住民みんなが安心して平穏な暮らしができることが理想です。

「子どもの足音」とは言っても、本来、幼児は移動する時に歩きません。走ります。もともと、騒音をたてる生き物なのです。音をたてないで歩いている幼児がいたら、かえって不気味ではないですか。

私たちは、家族や親族、知り合いの子どもが楽しそうに走り回っているのを見ると微笑ましいと思うのに、天井の上からドタドタと足音が聞こえてくると腹をたててしまう。その天井の上の足音を立てている子どものことをよく知って、「可愛いな。成長が楽しみだな」と思えば、苛立ちも半減するかもしれません。

一方で、天井の上で住んでいる人も、我が子を可愛いと思ってくれている人が下にいると思えば、マットを敷く等の、音が響かない対策を講じたり、子どもにこまめに注意するようになるかもしれません。

要するに、日ごろからの心の交流が大切なのです。マンションでは、そうした交流がなおざりになりがちですが、トラブルを避けるためにも、みんなが安心して暮らすためにも、ふだんからの挨拶や声かけを通して、互いの交流を深めていきませんか。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ