古いアパートは要注意!ヒートアップした夫婦喧嘩は騒音に?!

性別 女性
年齢 26歳
イニシャル N.H.さん
築年数 32年
アパートの構造 木造

アパートは全てとは言わないですが大体、壁が薄く隣の部屋から様々な生活音が聞こえてきます。築年数が古いものほどその音は筒抜けとなってしまい、深夜に騒ぐとこちらは不快に思いますしストレスが半端ないです。

今回は私が住んでいた古いアパートで経験した騒音について紹介します。

古いアパートは壁が薄い?!生活音が丸聞こえ

私が住んでいたアパートは4部屋あり、引っ越してきた当初は2部屋に住人が居ました。私は一階に住んでおり、その上の階と隣は誰も住んでおらず斜め上の階に一人、男性が住んでいるだけでした。

家賃も敷金・礼金も安かったのでそのアパートに決めたのですが、入居した当初壁が薄くても騒音になるような入居者がおらず斜め上の入居者の洗濯機の音が少しするくらいで住み心地が良かったので満足していました。

しかし、お隣に誰かが引っ越してきた事で状況は一変したのです。今思えば斜め上の階の洗濯機が聞こえるほど壁が薄いことに気づくべきでした。

こんなに鮮明に!夫婦喧嘩がとにかく煩い!

私は当時学生でだったので朝早くから学校に行き、終われば生活費のためにアルバイト漬けの日々を送っていたので帰りは遅く、アパートには寝るためだけに帰るような日々が続いていました。

そのため、隣に入居者が来た事を知らずに過ごしていたのですが、ある日の深夜、ガッシャーンと何かが割れる音で目が覚めました。時計を見ると深夜3時くらいだったのですがそこから女性の唸り声や泣き声が聞こえて寝ぼけていた私は幽霊なのかと怯えましたがその後に男性の怒鳴り声も聞こえだしたので夫婦喧嘩と判断しましたがこれが煩くて眠れたのが結局5時頃になってしまいました。

それからというもの、毎晩のように怒鳴り声や泣き声などが聞こえて眠りを妨げられるようになってきたので私生活がだんだん疎かになってきてしまいました。

大家さんは役に立たない!夫婦の正体

このままではいけないと判断した私はまず、大家さんに苦情を言う事にしました。

本当は本人に言いたかったのですがあの夫婦喧嘩を聞いていると旦那さんは怖そうですし、奥さんが不憫に思えてしまったからです。ですがここで驚愕の事実が判明してしまいます。

その夫婦は大家さんの息子夫婦だったのです。それなら尚更の事止めた方がいいのではないかと言ったのですが大家さんは夫婦の問題だし。と反応はイマイチで私がどんなに抗議しても息子に甘いようで埒があきません。ここでもうダメだと思い、大家さんを頼るのは諦めました。

運がよかった!どうにもできない私が起こした行動

しかし夫婦喧嘩は収まる事がないですし、こっちはイライラするしで私にも限界が来たので夫婦喧嘩が起こると警察に連絡するようにしました。

110番はさすがに迷惑かなと思い最初は夫婦喧嘩が始まると近隣の交番にケガ人がでそうな程の夫婦喧嘩だと相談して行ってもらい、その後は交番の電話番号を教えてもらって喧嘩のたびに電話しある日、旦那さんがその交番の警官を殴ったらしくその日から夫婦喧嘩は途絶え、いつの間にか空き家になっていました。

私は田舎の交番で親身に話を聞いてくれる人だった事が幸運となり騒音から逃れる事ができましたがこれがダメだったら泣き寝入りするしか無い所でした。今では無事に学校も卒業し、引っ越して平和に眠れる日々に感謝しています。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ