パーティーの騒音には耐えるのみ?笑顔で挨拶をして改善に!

性別 女性
年齢 44歳
イニシャル M.M.さん
築年数 17年
アパートの構造 軽量鉄骨

せっかく引っ越したのに、転居後に数回の内見では分からなかった隣人からの騒音に悩む人は多いのではないでしょうか。

後から引っ越してきた者が、早々に苦情を言うのも気が引けますし、何よりどういう隣人かがわからず、怖いですよね。

私の実体験に基づいて、隣の家からの騒音にどう対処し、騒音から逃れることができたかを紹介します。

睡眠時間を確保するための引っ越しでした

長く暮らした場所から引っ越しを考えたのは、仕事が忙しくなり、帰宅時間が毎晩遅くなったからです。朝方生活に切り替え、早朝から出勤をすることでしか、仕事を処理しきれなくなり、熟慮の末に、職場のそばに引っ越しをして、睡眠時間を確保することに決めました。

不動産屋さんに行く時間を生み出すのは大変でしたが、仕事をずっと続けるには体が資本です。住みたい駅で数件回った不動産屋さんの中から、相性の良いスタッフさんと巡り合い、物件を決めました。

隣人が毎週末行う夜からのパーティーにうんざりです

実際にアパートを契約するまでに、何度か内見に通いました。よく晴れた日はもちろん、夜や、雨の日、また、駅周辺もよく見に行き、慎重に決めたつもりだったのです。

連休を使って、引っ越しを済ませ、これで少しでも長く毎晩眠れると思っていると、ある土曜日から毎週土曜日に限って、すぐ隣の角部屋から音楽を掛けたパーティーが開催されていると知るようになりました。

午後8時から9時に始まり、楽しく飲んだり食べたりしている様子がはっきり伝わってきます。ホームパーティーの終了は何と翌日の午前1時頃です。集まっている人々は10人近くもいたと思います。

始めは、数回のことだろうと我慢していましたが、二か月も毎週末に続き、いよいよ、私の我慢も限界になりました。

冷静に、騒音から逃れるための策を練ります

非常識な相手と揉めるのは怖いので、初めは引っ越しをしようと思いました。

しかし、自分の転居に掛けたエネルギーと費用と、何より、その時に抱えていた仕事の内容を思うと、すぐに転居する気持ちにはとてもなれませんでした。

暗い気持ちで平日も過ごすようになり、土曜日は休日なのに夜遅く帰宅するなどしていました。不動産屋さんや、大家さんに相談しようかとも考えましたが、パーティーに参加している人々をさりげなく観察しているうちに、それほど性質の悪い人々だとも思えないことが感じられるようになってきたのです。

そこで、私は、隣の部屋の借主を初め、パーティーに来る参加者に、積極的に挨拶をするという策を実行し始めました。この挨拶の際は、精いっぱいの、満面の笑顔を心がけました。

コンビニや深夜まで営業している近所の本屋さんに、土曜の晩に必ず行くようにしたのです。部屋を借りてから四か月目のことです。

笑顔での挨拶後は、騒音が軽減しました

挨拶をする人の中には顔なじみもできました。

ひと月もしないうちに、明らかに騒音が減っていきました。最初は音楽のボリュームが小さくなり、そして、パーティーが終わる時刻が早まりました。以前は午前1時近くまで開かれていたのですが、深夜0時には、会話の声も、音楽も、まったく気にならなくなりました。

今思うと、隣人は防音の効果を信頼し過ぎていたのではないかと思います。以後も挨拶はしていますが、今では知的で、感じの良い隣人さんだとまで思うようにまでなりました。

また、それでもホームパーティーの開催がずっと続いているところを見ると、何か大事な意味のあるパーティーなのかなとさへ感じられてくるのです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ