夜中にギターを練習する強気な隣の部屋の大学生にストレスが限界

性別 女性
年齢 25歳
イニシャル K.N.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 23年
構造 RC

2階建てのRCのアパートの1階に住んでいたときの話です。築年数は23年と古いですが、リノベーションされていたので素敵な物件だと思いました。「早く埋まってしまう」と不動産屋に言われ、内見もそこそこに入居を決めてしまったのがいけませんでした。

RCであれば、騒音は問題ないと思い、他の設備にばかり目がいっていました。結果的に近所の方の出す「騒音」に耐えられず1年も経たずに引っ越ししました。

違約金が発生しましたが、ストレスが限界まできていたので、引っ越しを決めて良かったと思います。

隣の住民の趣味

住み始めた日にそれは発覚しました。引っ越しの挨拶をしに隣に住む方を訪ねたところ、20代男性で大学生だという感じでした。

その男性から笑顔で、「俺、バンドやってるんでギターの音聞こえるかもしれないですけど、大家さんに了解取れてるんで」と言われました。

なぜかその一言で全て察しがつく感じがしました。前にもきっと騒音で隣ともめたけれど、大家さんを味方につけているから文句を言っても無駄だということだと思いました。

引っ越し1日目にしてそのギターの音がどのくらいなのかビクビクするようになりました。

騒音の程度

隣に住む男性は2日に1回くらいギターを練習することがわかりました。こちらがテレビをつけていてもハッキリそれがわかるくらいです。

別の階に住む方に聞いたところ、以前はもっとうるさかったが、おそらくアンプにつないで音を大きくするのをやめたことでだいぶマシになったということでした。アンプにつながないということを大家さんとも約束し合ったそうです。

しかし、しょっちゅう引っ越しが行われているので、騒音が理由の人も多いのかもしれないとその方は言われていました。

こちらが仕事から帰ってきた夜10時ぐらいには静かであっても、寝ようとウトウトする12時くらいになるとギターの音が聞こえてきます。どんな曲を練習しているかもハッキリ聞こえるくらいの大きさです。

私は元々、あまり音楽を聴かないので余計に不快に感じたのかもしれません。たまにバンド仲間のような人とギターセッションするような音も聞こえます。

当然盛り上がってくると、高笑いや叫び声なども聞こえてきました。若くて楽しそうだなと思うことはできませんでした。ひたすら耳栓をして音と不快感を防いでいました。

大家さんに相談した結果

大家さんに言ってもムダだと隣の方には言われましたが、どうしても我慢ができなかったので、大家さんの家に直接行って相談しました。

大家さんはそのアパートには住んでいないので、なかなか騒音の感覚がわからないだろうと思い、携帯に音を録って聞かせました。アンプにつないでいないと言っても、こんなにギターの音は聞こえるということを知ってもらうことができました。

しかし、その大学生はどうやら大家さんの知り合いの子供らしく大学1年の頃からもう4年も住んでいるということでした。少し強くは言いづらい関係であることを知り、もう大家さんから何かを言ってもらうことは諦めました。

自分でできるせめてものことと思い、郵便ポストに「夜はもう少しギターの音を小さくしてください」といった手紙を入れておきましたが、何も変化はありませんでした。

それまでは、廊下で会ってもペコっと会釈する関係でしたが、無視されるようになりました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ