不動産会社が騒音問題をマンション購入前に告知せず裁判に訴えることに

性別 男性
年齢 33歳
イニシャル M.T.さん
賃貸or分譲 分譲
築年数 4年
構造 RC

結婚を期にマイホームなども意識するようになり、妻とはよくマンションに住むか一軒家に住むかなどの話しをしていました。

都内では一軒家よりもマンションの方が購入に関しては敷居が低いので、子供が生まれる前に一度分譲マンションに住んでみようということになりました。

分譲マンションの賃貸を借りるか、新築を買うか、中古を買うか、いろいろ悩んでいましたが、気に入ったマンションが中古の分譲マンションだったので、もう悩んでいる場合ではないと思い購入しました。

引越の時から問題が

購入が決まり、引越の前日に周りの方へは引越の挨拶に伺いました。上階の部屋の奥さんの対応がどうも挙動不審で、数分しかお話ができなかったので人見知りな方なのかな?と思っていました。

引越し作業が始まると、上階からと思われるどんどんという力強い足を床に叩きつけていると思われる音が鳴り響きました。

びっくりして上階の部屋に行き何事か尋ねると、「うるさい!!静かにしろ!!」と逆に怒鳴られる始末。これはヤバイと、頭が真っ白になりました。

まさか自分たちも騒音問題に巻き込まれるとは

その日は引越し作業が終わるまで上階の激しい足踏みをする音は鳴り止まず、警察を呼ぼうと思いましたが、その時は妻に止められたので止めておきました。

しかし、その後しばらくは上階からの騒音はなく、何故あの日だけあんな様子だったんだろうと不思議に思いました。何の問題もなく過ごせているのであまり深く考えはしませんでした。

ただ、数ヶ月経つと、2~3ヵ月に一度あるかないかなのですが、2~3時間激しい足音をたてることがありました

これでは快適に過ごすことができないのでマンションの管理人と管理組合に相談すると、「上階の奥さんは数年前から少し精神的に不安定になり、ご主人の姿は全く見なくなった。徐々にではあるが、こちらも対応し騒音はなくなっていている」という話を聞き、これはすぐには解決しないと思い引越を決意しました。

私の怒りの矛先は不動産会社に

いざ、この部屋を手放し、引越をすることを決めると、不安な気持ちは払拭され怒りが湧いてきました。その怒りは、この物件を仲介した不動産会社です。マンションの管理人に尋ねると、数年前は上階の奥さんの騒音が酷く、私の部屋の以前の住人は何度も入れ替わっていたそうです。

それを聞き、不動産会社はこの問題を知っているのに何も知らせずに私たちにこの部屋を仲介したことに腹が立ち、裁判で訴えることにしました。

不動産会社も弁護士をたてて対応してきました。こちらも事前に弁護士に相談ししっかりとした証拠を録音録画し、近隣の方の話などもしっかりと集めて裁判を起こしたので、不動産会社からの示談の申し入れがありました。

不満は残りますが、示談を受け入れることとなりました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ