下の階から「足音」の苦情が出たら?騒音トラブルに発展する前に対策を!

マンションなどに住んでいると、生活音は気をつけていても出てしまうものですよね。特に子どもがいる家の場合は、子どもの騒音が一番気になるところです。

子どもの声などは窓を閉めればマシになりますが、トラブルになりやすいのが「足音」なんです。

では、こういった騒音トラブルを防ぐためには、どういった工夫が必要か。オススメの防音グッツをご紹介したいと思います。

チャイルドル-ムに変身

よく、飲食やおもちゃ売り場などにいくとキッズル-ムという名前で、子どもが遊ぶ広場なんかがあるのを知っていますか?

その部屋などには必ずクッションがひいてあります。子どもが怪我をしにくいという安全面と、バタバタ暴れる子どもの騒音を極力抑えてくれるのがクッションなのです。

マンションのフロ-リングは怪我をしやすいですし、滑ったりするので危ないです。また、物を落としたりすると音が響いたりするものなのです。

そういった、フロ-リングはチャイルドル-ムに変えてしまいましょう。フロ-リングの上にジョイントマットを引くとお安く便利に仕上がります。これをひくことによって、一気に防音効果になります。価格もお手ごろなのでぜひオススメです。

厚みのあるコルクマット

ジョイントマットは価格的にお安くて、かわいいものが沢山あるので便利なのですが、ちょっとするとクッションがもともと薄いのでペッタンコになって、防音効果も半減してしまいます。

そこで、ジョイントマットよりも長持ちするのがコルクマットです。

こちらは、ワインのふたなんかに使われているようなコルクで作られており、ジョイントマットに比べて価格は少し高くなりますが、しっかりした作りになっているので、へたってしまうことはないです

また、冬なんかは防寒にもなるので、底冷えしない優れものアイテムとしても重宝します。

本格的な防音マット

どうしても音が響いてしまって、クレ-ムが出てしまったときには、思い切って本格的な防音効果の高い防音マットをひきましょう。

この防音マットは普通のジョイントマットやコルクマットに比べ断然厚みがあることと、ピアノの下に引くような本格的に防音効果があるものなので、とても安心です。

コストは高いですが、普通の安いマットでは音が出てしまう人はコレしかないですね。また、下に防音じゅうたんを敷いた上から防音マットを重ねておくなどと工夫するとさらに防音効果が上がります。

子どもに動かないように注意しても、本来は元気で暴れまわるのが子どもなので、思い切って防音アイテムを使って快適に暮らせるほうが安心ですよね。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ