騒音トラブルになる前に!子供の走り回る足音は対策できる騒音です

マンションなどの集合住宅では、いろいろな価値観、感性を持った人が一緒に生活のするのですから、騒音に日頃から意識を持って、生活することが重要です。

しかし、小さな子供に大きな声を出しちゃダメとか、走り回らないようにと注意しても、簡単に守れるものではないです。

ちょっとした工夫で騒音を抑えることができるのではないでしょうか?

窓からの騒音を防ぐ対策について

窓は壁に比べて、外へ音が逃げやすい箇所でもあります。子供が大きな声をだしたり、泣き声、そして走り回る音などは、防音カーテンなど分厚い生地のカーテンをすると、騒音対策になります。

二重サッシは遮音効果がもっとも高く効果的ですが、こちらは管理会社に相談しないと難しいかもしれません。

壁から伝わる騒音対策について

壁はコンクリート壁でできていることが多いですが、壁が分厚ければ分厚いほど遮音効果が高いと言えます。

一般的なマンションでは近隣との壁の厚さが150mm以上あれば大丈夫です。

その他には、壁で響きそうな場所に家具を配置したり、ウレタンなどのプレイマットを壁側に置くなどして、小さな子供がいる場合には対策をすると違います。

床から伝わる騒音対策について

もっとも騒音で多いのは床から起こる騒音ではないでしょうか。例えば床フローリングの場合には、スリッパで歩くだけで下の階の方に音が伝わってしまいます。

また床にコップやおもちゃを落としてしまったり、子供が走り回る音などの対策には、床の仕上げ材や、床自体の厚さも関係します。一般的には、フローリングよりも絨毯やカーペット、畳などのほうが遮音効果が高いです。

子供のいる空間にカーペットを引いたり、畳の部屋で遊ばせたり、もしくはプレイマットを敷いてしっかりと対策をしていきましょう。

日頃から少し騒音を意識することで、近隣への騒音対策に繋がります。また、逆に近隣からの騒音が気になる際にも、普段からあいさつやコミュニケーションをしっかり取っていることで、相談しやすく、トラブル回避になるのではないでしょうか。

マナーを個人がそれぞれが守って、よりよい生活空間を維持していきたいものです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ