赤ちゃんの泣き声!正直うるさくて困っている人のための対策法

快適に過ごしていたマンションにいきなり赤ちゃんの泣き声。昼も夜も泣き声が続くと、赤ちゃんで仕方がないかもしれませんが、うるさいと思ってしまいます。

赤ちゃんの泣き声で生活の支障をきたしてしまうのなら行動するしかありません。対策方法をご案内します。

大家さん、または不動産の管理会社へ連絡

直接言うと門がたちますので、ここは第3者に間に入ってもらうべきです。赤ちゃんがいる家庭では、泣き声がご近所さんに迷惑でないか「気にする人」と「気にしない人」と2パターンに別れます。

「気にする人」は赤ちゃんがマンションで育てる時点で、上下、お隣さんに「ご迷惑をかけてしまうかもしれません」と挨拶に行っているでしょう。

「気にしない人」は、赤ちゃんは泣くのが当たり前と思っていたり、窓が開いていても気にならない、気にしないという人がいます。

どちらにしてもご近所トラブルになってしまう可能性があるので、ここは大家さんや管理会社へ相談し相手側に言ってもらうことです。

防音対策をして自己解決

自分で耳栓やイヤーマフを使い防音対策をします。窓を閉めるだけでも変わる場合があります。赤ちゃんは成長しいつしか泣かなくなることもあるかもしれません。

自己解決できず、あまりにもひどい場合は、「言うのはとても迷ったのですが」や「心苦しいのですが」とクッション言葉を添えて大家さんや管理会社に言ってみましょう。

引っ越しをする

なかなか難しいですが、あまりにも気になる場合は引っ越しするという手も考えなければなりません。引っ越しするにはお金がかかるので最終手段ということになります。

一時的なことかもしれません。大家さんや管理会社に相談し決定するべきです。

お互い様ということも

赤ちゃんがいる家族の母親は、新生児の場合朝から晩まで子供の面倒をみなければいけません。寝る時間が短く、寝ようとしている所でご近所さんの掃除機のかける音や日曜大工などで起きてしまっている可能性もあります。

お互い様ということもあるので、大きな心で見守ることも必要ではないでしょうか。赤ちゃんによっては、あまり泣かない子やあやしていてもずっと泣いてしまう子もいます。

大きくなれば走りまわってしまうこともあるかもしれません。一番は、大家さんや管理会社に相談しなんとかしてもらうことです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ