リフォーム工事の音は強烈!そんな騒音への対策3つのステップ

マンションに住んでいると、お隣や真上、または斜めなどのお部屋が空いてしまった為に、入居準備のリフォームが始まりますよね。

道路の工事なんかは、騒音のトラブル防止のためか、きちんとした会社だったときは、工事の期間や場所、連絡先などを明記したお知らせの紙をもらったりしますが、リフォ-ムの場合は告知なしで工事が始まってしまうことが多いですよね。

そんな時の騒音に対する対処の方法をお伝えしたいと思います。

ステップ1:まずは場所を把握

リフォームが始まった場所はどこなのかをチェックします。例えば真横なんかは、すごく騒音が響きますよね。

しかし、思っていた以上に音は響いているので、お隣かと思うほどの騒音でも実は2件隣の工事音だったりします。その場合は、場所が離れていている分、まだ音もマシということなので多少は我慢というか協力も必要かなと思います。

工事も何か月も続くわけではないので場所が離れている場合は、少し目をつぶってあげるというのも、イライラを軽減する一つでもあります。

まずは、どこのお部屋が工事なのかをチェックすると、少し騒音に対しての心構えも変わってきます。

ステップ2:工事の担当に話を聞く

もし家主さんと関係がよい、または連絡がつきやすい場合は、電話などで連絡をしてどれくらいの期間、工事するのかを確認するのもいいと思います。

工事の進み具合はやはり現場の人間に聞くほうがより、詳しく教えてもらえるので、あまり騒音がひどいようでしたら現場の方に思い切って訪ねてみましょう。

その時に、激しく音が出る日や期間などを聞きます。あくまでも「少し音が響きますので教えてもらえますか?」など、丁寧に質問すると気持ちよく答えてくれることが多いです。

激しい音のでる期間と、工事の終わり予定などを聞いておくと、騒音に対しての心づもりと多少の我慢や配慮などもできるのでイライラはだいぶ軽減されると思います。

何度も質問しに行くと作業の邪魔になったり、作業が遅れたり、うるさい人といった印象になるのでなるべく回数は1回~2回までにしておいたほうがよさそうです。

ステップ3:騒音の激しい日程は外に出る

家にいる用事の人は、ひたすら我慢しかありませんが、どうしても騒音が激しいときは思い切って外に出かけてしまうほうが精神衛生的に楽です。

用事がなくても、逆にのんびりしなさいという時間だとプラスに考えて外に出かけると、騒音のストレスもないので、工事のこともすっかり忘れてしまうくらいの快適さに感じます。

赤ちゃんがいる人などは、赤ちゃんにもお母さんにもストレスになるので、外に出ることをオススメします。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ