子供の走り回る音と振動で睡眠不足に!上下左右の物件にも影響

マンションやアパートに住むのに一番悩まされるのは、騒音問題です。特に上下左右の部屋に子供がいる場合は、覚悟を決めて物件を契約しなければなりません。

早朝、休日の子供の走り回る音、振動、はしゃぎ声は、想像を絶するほどのストレス、睡眠不足になります。

子供の足音は大人の足音と違う

子供が歩いたり走ったりする時、まず地面につくのは踵です。踵が地面に直接あたると、重低音とともに振動が伝わります。

これは上の階に子供がいる場合だけではありません。下の階はもちろん、左右の部屋にも音と振動は伝わります。

特にフローリング物件は直接、上下左右の部屋に音と振動が伝わるので、注意が必要です。フローリングに直接、踵落としをしているようなものです。

騒音主の物件が振動を和らげるクッション素材のマットを引くという対策もありますが、気休め程度にしかなりません。

契約する際に事前に、上下左右の家族構成や子供がいるのか、不動産屋に尋ねた方が良いでしょう。また、下見をしたり、自分の目で確かめる事も必要です。

重低音・振動に耳栓は効果なし

耳栓はテレビの音や高音には効果がありますが、子供の走り回る音にはあまり効果がありません。子供は休みの日も関係なく早起きなので、早朝から騒音で起こされる、ということを毎日覚悟しなければなりません。

耳栓にイヤーマフをするという方法もありますが、鬱陶しくて落ち着けません。また、寝る時だけでなく、日中もずっと装着しておくのは、かなりのストレスです。

自分が体調を崩す前に大家さんや管理会社に伝えて対策をしておくのが良いです。周囲にも同じように感じている住民がいると、一緒に伝えると効果的です。

どうしても耐えられなければ引っ越し

これはどう考えても理不尽で腹立たしいですが、最終手段は自分から去ることです。子供の走り回る音や騒音は、どれだけ注意しても治まりません。

本来ならば子供のいる家庭は1階や一軒家に住んで、周りに迷惑をかけないのが常識ですが、最近はマナーのない親がいることも事実です。ストレスで体調を崩す前に、自分から引っ越しをした方が、結果的には賢いのかもしれません。

ただ、退去を考える際に必ず大家さんや管理会社に「騒音に耐えられない」と一言伝えておくべきです。

周囲からも同じような苦情があれば、騒音主の家庭に強制対処という処分が下るかもしれません。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ