マンション下階の方とのトラブルに!子供の走り回る足音の3つの対策

小さな子供がいる家庭は、子供が家の中でも元気に走り回ることが多いでしょうから、特にマンションに住む場合は、走り回る足音に気を付けておかなければならないです。

建物の構造によっては、ちょっとした足音でも、下に想像以上に響いている場合がありますので、気を付けることが大切です。

対策1:マンションの1階を選ぶことが大切

と言っても、まだ小さな子供に「家の中では静かに歩きなさい」と注意するは、子供によっては大きなストレスになるかもしれません。

子供の負担にならず、かつマンションの住民の方にも迷惑をかけない対策として、マンションの1階を選ぶといいです。

1階であれば、子供が思う存分走り回っても、迷惑をかける方がいませんので、両親も安心して過ごせます。

また1階であれば、マンションによってはお庭が付いている場合もありますので、マンションに住みながら、伸び伸びとしたお子さんの成長を見守ることができるのではないでしょうか。

対策2:防音タイプの敷物を使うことが大切

しかしながら、マンションの1階が全て埋まっている場合も考えられます。そのような場合でしたら、必ず下に住民が住んでいる階になってしまいますので、それなりの対策が必要となってくるでしょう。

少しでも子供の走り回る音を軽減させる方法としては、防音タイプのカーペットなどを使うといいのです。通常のカーペットなどと比べると、少し割高になってしまいますが、下の階の方からの苦情が来ることなどを考えると、備えておきたい対策の1つです。

防音タイプのカーペットによっては、少し動いただけでずれてしまったり、洗えないものなどがありますので、前もって、長く便利に使えるものかどうかも確認することが大切でしょう。

対策3:下階に住む方とのコミュニケーションも大切

このように、いろいろと対策を考えてきましたが、やはり最終的に大切になってくるのは、下階に住む方とのコミュニケーションです

同じ子供の走り回る足音でも、頻繁に挨拶などをしているかどうかで印象も変わってきます。顔の知らない人の出す音がうるさく聞こえることがあるように、挨拶をすることで、仕方のないことと受け入れてくれることも増えてきます。

一度住み始めた住居から再び引っ越しをすることは、とてもお金がかかりますので、そのようにならないためにも、下階や隣人の方とのコミュニケーションは、とても大切なものです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ