マンションの隣室からうるさい音楽の重低音をなんとかする3つの対策は?

マンションで住んでいると隣からの騒音に悩む事もありますよね。特に防音がしっかりされていない建物では隣や上の階の人の生活音がまる聞こえなんて事もあるでしょう。

中でも音楽が好きな人が同じ建物にいる場合、楽器の重低音に悩むことになるでしょう。やはり共に同じ建物で生活するのですから、この騒音はなんとか手を打たなければずっと続く事になります。

これではしだいにストレスが溜まるでしょう。くつろげない部屋で生活するなんて嫌ですよね。そこで、楽器の重低音の対策には何があるのかまとめました。

対策1:防音グッズを試してみる

防音グッズで思いつくのはみなさんおなじみの耳栓です。耳栓はそもそもは採石現場や工場の装置から発する騒音から、耳を守るために開発されました。

ですから正確に取り付け、遮断したい音に合わせて耳栓を選ぶ事で防音に貢献してくれます。

ただ、これだけではちょっと効果が弱いと感じる人もいるかもしれません。そういう時にはイヤーマフを使うとさらに防音効果をアップする事が可能となるでしょう。

用途に合わせて選び品質のよいグッズを買ってぜひ効果を実感してみてください。

対策2:大家に告げる

騒音に我慢してきたけどこれ以上は無理、と思ったら管理会社や大家さんに言ってみましょう。管理会社と大家のどちらに連絡するのがよいかは物件によるところがありますが、まずは管理会社に連絡してみる方が無難です。

「隣の楽器の音がうるさいからなんとかしてほしい」と言うと管理会社が対応するか大家に連絡するか検討してくれます。大家や管理会社に頼む場合、苦情の発信源すなわちあなたの名前は伏せて、騒音を出している人に手紙や電話で注意してくれるのが普通です。

ただ、中にはそれでも騒音を出し続ける人もいます。その場合再び管理会社に連絡しましょう。

何度も注意したにもかかわらず、改善しない場合は騒音を出している人に対して賃貸契約書の契約違反を理由に強制退去を命じてくれたり、敷金や礼金は払わずに同じ建物内の別の部屋に移してくれる場合があります

対策3:警察にお願いする

そこまでする必要はない、という人もいるでしょうがあまりに騒音がひどいし、注意したにもかかわらずに止めてくれない場合は警察にお願いする、という方法もあります。

管理会社によっては夜中の騒音は対応できないので警察に任せている所もあるくらいです。警察に電話して騒音で寝れない、という事を伝えましょう。

住民同士で事件に発展する事もありますから、事前防止のために来てくれます。警察がどのように対処するかというと、騒音を出している人に他の部屋から苦情が出ていると注意をします

もちろん、通報した人の名前は出さないですから、匿名で注意してくれます。

最後に騒音は毎日の事になりますから、しだいにストレスが溜まってきます。早めに対処する方がよいでしょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

2 Responses to “マンションの隣室からうるさい音楽の重低音をなんとかする3つの対策は?”

  1. 駒井 淑彦 より:

    音がうるさいのであれば相手にヘッドフォンをつけて下さいとお願いすればどうでしょう?
    もっとも、部屋に数人いて音楽聴いてる場合は警察に通報が良いですね。

    • 4 より:

      現在進行形で深夜から朝まで音楽垂れ流してる隣の人がいて、警察4回呼んでイヤホンつけろと言っても聞かないんだよ。今日管理会社に連絡と同時に裁判の準備に証拠物も集めている。こんなサイト覗きに来る人のほとんどはそんな気軽な発言ではどうにもならないから見に来る人がほどんど。そして、性格が屑なやつは何を言っても聞かない。それだけは知ってコメントしとけ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ