他人には迷惑?赤ちゃんの泣き声で騒音トラブルになる前に4つの対策を!

待望の赤ちゃんが生まれると喜びも大きいですが、悩みも増えるもの。その一つに泣き声による騒音問題があります。

ここででは赤ちゃんの泣き声による騒音対策について見ていきましょう。

近隣住人にあいさつしておこう

赤ちゃんを授かると決まったら、出産する前やすれ違った時などは近隣住人に挨拶をしておくとよいでしょう。

なぜその事が赤ちゃんの泣き声の騒音対策に繋がるかというと、知らない人よりも知っている人の方が親近感が生まれるからです。

するとどうでしょう。例えばこんな事が起こります。

新生児の赤ちゃんというのは昼夜問わずに泣きますが、特に夜中に泣かれたら隣近所の人はたまったものではありません。

そんな時に知らない人の赤ちゃんの泣き声ならイライラしてどこの赤ちゃんが泣いているんだ、となりますが、知っている人なら○○さんの赤ちゃんが泣いているんだ。大変そうだな、と寛容になるものです。

トラブルにならないための防音対策は?

対策1:本棚

まずは、壁越しに音が伝わるのを防ぐために隣の家と境になる壁に高さのある家具を配置するのがよいでしょう。中でもおすすめは本棚です。本には音を吸収する性質があります。

対策2:隙間テープ

また、隙間テープを使ってドアや窓の隙間を防ぐのも効果的です。赤ちゃんの泣き声が漏れにくくなります。

対策3:換気扇

意外と気がつかないかもしれないのが、換気扇です。赤ちゃんが泣きだしたら換気扇を閉めましょう。音漏れを防ぐ事ができます。

対策4:遮音カーテン

他にカーテンを変えるという方法もあります。遮音の効果があるカーテンに変えれば防音対策になります。

日中の過ごし方だって大切

赤ちゃんが時々思い出したように泣き出す時がありませんか?

赤ちゃんの脳は夜に一日の出来事を整理していると考えられています。突然、ギャーッと泣き出すのは昼間の体験が原因になっている場合が多いです。昼間にいき過ぎた刺激を与えるような事は避けたいですね。

赤ちゃんの泣き声による騒音を防ぐには赤ちゃんに泣いてもらわないのが一番です。夜泣き対策を習得して夜は眠ってもらえるようにしましょうね。日中の過ごし方が夜の睡眠に関わりますから気をつけてあげてください。

最後にどんなに気をつけていても苦情が来る可能性もあります。そんな時は一人で抱え込むと精神的に大変ですから、パパに相談しましょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ