マンション下の階から毎日苦情が来る!共同生活している意識が必要

性別 女性
年齢 24歳
イニシャル K.M.さん
賃貸or分譲 分譲
築年数 21年
構造 RC

マンションの騒音には様々な種類があります。テレビや音楽の音、楽器の音、ペットの泣き声、子どもの声や走り回る音などです。マンションの壁の薄さによっては、普通の話声でさえ聞こえてきます。

確かにどれも迷惑ではありますが、同じマンションに住む仲間として、許しあう気持ちも必要なのではないでしょうか。とくに子どもに関しては、皆で育てて行こうという気持ちが必要だと思います。

子どもの頃に苦情が来ました

私が子どもの頃、走り回って響いたようで、下に住んでいる夫婦から苦情が来ました。毎日のようにピンポンしにきます。

また、ピンポンしに来ない時は、下から長い棒か何かで叩いてきます。

しかし子どもは走り回るものですし、泣き叫ぶものです。この世に住むすべての人間が一度は通る道であるわけです。

大の大人が騒音を出していれば下から長い棒でたたいてきてもわかりますが、相手は子どもです。マンションに住むことを選んだ時点で、そのことはわかってほしいです。

近所から子どもの泣き声が聴こえます

夜中になると赤ちゃんの泣き声が聴こえてきます。眠っている時にその声で起こされると確かにその瞬間はイライラしますし、一度イライラすると寝付けなくなってもっとイライラしてしまいます。

しかし気が付けば眠っていて朝になっています。冷静になって考えれば、赤ちゃんは泣くのが当たり前ですし、ずっと続くわけではありません。

むしろ、「お母さんが頑張っているんだろうなぁ」と思ったり、「泣くのは赤ちゃんが健康な証拠だなぁ」と思ったりすることができます。

世の中に泣かない赤ちゃんはいないため、必ずどこかで泣いているわけです。

時間帯によっては騒音のようにも感じますが、やはり私はそれは騒音ではないのではないかと思うのです。

マンションは皆で暮らしています

家庭家庭で独立はしているものの、同じマンション、同じ建物です。生活をする中で無音で生活を送ることはできません。

時には騒音で迷惑を感じることもあれば、逆に迷惑を与えていることもあるのです。

騒音以外にも様々な問題があるでしょう。大切なのはお互いに許しあえる気持ちです。イライラするとストレスがたまるだけです。

互いに許しあって心穏やかな毎日を送った方が良いのではないでしょうか?

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

2 Responses to “マンション下の階から毎日苦情が来る!共同生活している意識が必要”

  1. ポコ より:

    マンションは皆で暮らしているからこそ、静かにするものでは?鳴き声当たり前。走るの当たり前。こんな感覚ではマンションではなく戸建に住むべきでは。

  2. のき より:

    なにやら正当化しようとしていますが、騒音は騒音です。赤ちゃんが泣いてしまうのも仕方がないとは思いますが、貴女の言っていることはただの押し付けでしかありませんよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ