楽器の音がうるさくて眠れない!マンションの騒音対策は?

性別 女性
年齢 31歳
イニシャル R.M.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 10年
構造 RC

賃貸マンションで一番困るのが、楽器の音が聞こえる場合です。2人入居の可不可や、ペット飼育の可不可とは異なり、楽器演奏の可不可は不動産によっては説明がなかったりしますので、入居時に楽器が禁止かどうかわからないでマンションに入居してしまうパターンも多々あります。このため、楽器関係のトラブルに悩まされる人というのは意外と多いのではないかと思われます。

楽器の音はほかの音よりやっかい!

楽器の音っていろんな方向から響くので、自分の上の部屋から響いているように感じても、実は音の主は斜め上の部屋の人だったというパターンも多くあります。このため、上から響いているからと言って、その人の部屋に直接押し掛けて苦情を言うのはちょっと危険です。

それが勘違いだった場合に、疑いをかけられた相手の人が不快な思いをすることがあるからです。その後マンションで相手の人とすれ違う度に、気まずい思いをすることになるので、対応が難しいのです。

我慢できないほど不快な出来事

夜というのは、眠っている人も多く、ただでさえ物音には注意すべき時間帯です。そんな時間に、毎日下の階からエレキベースの重低音のような音が、鳴り響くようになったのです。

当然、満足には眠ることができません。なんとか対処しなければ、仕事にも差し支えると思い、どうしたらいいか考えました。

どう対処したか?

楽器の音は、個人個人で対処するにはリスクが伴うものなので、大家さんに相談をしました。

その結果大家さんは、エレベーターと入口の掲示板に以下のような張り紙をしてくれたのです。「最近、2~3階の部屋から、深夜に重低音のような音が発せられており、住人から多数の苦情が出ております。近隣の方々に迷惑をかけないよう深夜の物音には十分気をつけてください」このように書けば、特定の人を糾弾するような言い回しにはなりません。

しかし、それに心当たりがある人は、「もしかしたら私かも」と気づくことができます。

その後騒音はどうなったか?

私のケースでは、幸いなことに、この張り紙のおかげで深夜に重低音が鳴りひびく事はなくなりました。おそらく大家さんの張り紙の文面がよかったのでしょう。

それでも音が収まらない場合は、大家さんとともに現場検証を行うなどする必要がでてきます。楽器の音に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ