壁から漏れてくる騒音で迷惑!スピーカー低音は鉄筋造でも注意が必要

性別 男性
年齢 30歳
イニシャル T.O.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 19年
構造 鉄骨

私は住んでいたマンションは駅(JR)から徒歩1分という距離ながら、家賃が5万円を切るという最良マンションでした。近くに大学があるため、その大学に通う生徒も多数住んでいたようです。

間取りは1ルームで決して広いわけではありませんが、南向きの窓があり住み心地はかなり良かったです。

鉄筋の作りになっており、紹介された不動産の方も「コンクリートなので人の声も聞こえてきませんよ」と言っていたのでそのマンションに決めました。

耳にずっしりとくる低音が…

住み始めて数か月が経った頃、隣の部屋からずっしりと響く音楽の低音が聞こえてきました。私も音楽をやっている都合上、そういった点に少々詳しかったので、それを敏感に感じ取ることができました。

隣人の方は、なかなか音の良いスピーカーを使われていたようで、低音がしっかりと聞こえてきました。基本的に低音(ベース音やドラムのバスドラの音)はコンクリートはもちろん、安価な防音素材も貫通して聞こえてきます。

初めは2~3日に1回程度だったのが、次第に毎日聴こえてくるようになりました。

迷惑していたのは私だけではなかった

マンションというのは基本的にコンクリートの箱のようなものです。なので角部屋でもない限り、その音は四方八方へと広がっていきます。

音が毎日聞こえるようになってくると同時に、その周辺の人が壁を叩く音も聞こえてくるようになっていました。その時はなり止むのですが、次の日にはまたベース音が響き渡る毎日でした。

管理会社へ電話していた人がいたらしい

ある日、仕事から帰ってくると入口のところに貼り紙がありました。「深夜に大音量で音楽をかけておられる方がおります。周辺の方から苦情が出ておりますので注意してください」という内容の貼り紙でした。

しかし、その甲斐無く音は鳴り続けました。仕方がないので直談判に行くことに。

対応してくれたのは大学生くらいの男性でした。静かにして欲しい旨を伝えると、なぜ音の原因が自分だと分かるのか?といった質問を受けました。

もちろん、それを聞かれるのも想像の範疇だったので、音が鳴っている間に必ず電気がついている部屋はそこだけであること(デジカメで撮影済み)を伝えると、渋々ではありますが納得して翌月には引っ越していきました

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ