隣人の重低音に我慢ができず強行突破を試みた体験談

性別 男性
年齢 26歳
イニシャル S.K.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 10年
構造 SRC

一人暮らし先の賃貸を利用するに辺り、隣人は仲介業者や大家に問い合わせて、今まで迷惑な事が無かったか入念にチェックしていました。

何より静かに暮らせる環境が、一人暮らしにおいて最も大事です。

過去に知人の一人暮らし先で宿泊していると、大学生と思われる方々が大騒ぎをして迷惑を被っているので、同じ経験が無いように、事前のチェックは怠らない様心がけました。

入居半年は平穏な日々

入居仕立ての頃は、隣人による騒音が一切なく、平和に暮らせていました。

私が住んでいるアパートは8割方女性で、隣人も女性という事を仲介業者の担当者から聞いておりました。普通に生活していても物音一つ聞こえないくらい、マナーやモラルがしっかりした隣人で、事前にチェックしていて良かったと心から思いました。

そんなある日、入居して半年が経過した時に、隣人が引っ越していきました。

その時点で少し不安に思いました。「次入居される方はどんな人だろう?」と胸騒ぎがしていた事を今でも覚えています。

数日後新たな入居者が

隣人が退去してから数日後に、新たな男性入居者が隣人となりました。

見た目はメガネをかけた、野暮ったい印象の男性です。初めてお会いした際は、簡単な会釈をした程度で、印象は決して悪くありません。

しかし、玄関入り口前にマウンテンバイクを置いており、通り道が狭くなり邪魔でした。その時点でモラルが無い方だと思いました。

その方が入居して1か月程度は、特に物音も立てず平穏な日々を過ごせていました。おそらく、引っ越し物の整理や買出しなどをしていたのかもしれません。

重低音が響き渡るように

その男性が入居して1か月後、いきなり重低音の音楽が響き始めました。当初胸騒ぎをしていましたが、嫌な予感が的中してしまいました。

重低音は壁を越えて響き渡る為、非常に迷惑でした。深夜まで響き渡り、睡眠にも支障をきたす程です。

最初は我慢していましたが、鳴り響いてから1か月程した時に、一向に鳴り止まないので壁ドンを試みました

我慢が出来ない状態まできていましたので、壁ドンして改善されなければ乗り込みに行く決意はできていました。そして一向に鳴り止まないため、強行突破で隣人の元へ乗り込みました。いわば、直接交渉です。

乗り込み後無事解消

隣人の元に直接交渉に行った際は、同じ事が続くと警察を呼ぶ旨を伝えました。重低音を録音していましたので、警察に訴える事ができるとその場で思いついた事を言いました。

実際に訴える事ができるかは分かりませんでしたが、その時点で相手も謝罪の気持ちを伝えてきて、重低音を鳴らさないよう半強制的に約束しました

その隣人は、重低音は低く設定して響き渡るとは思っていなかったみたいでしたので、今回は許しました。直接交渉する勇気がない方は、大家に相談する事をお勧めします。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ