これで大丈夫!マンションでの子供の走り回る足音への4つの対策は?

マンションで気になることと言えば、騒音対策です。

特にお子さんのいる家では頭を悩ませられますよね。対策に困るのが子供の走り回る足音などの子供が発する音。

子供が走り回りそうな場所は特に入念な対策が不可欠です。では、具体的にどのように対策をすればいいのでしょうか?

対策1:床に敷物を敷き詰める

床には敷物を敷きましょう。薄いカーペットでも何も敷かないよりは効果がありますが、カーペットであればクッション性があり、毛足が長い物が良いでしょう。

裏にクッション材のついているものだとなお効果的です。防音用のカーペットも市販されているのでそれを使うのも良いでしょう。

また、コルク材を引く方もいますが、コルクは防音に大変効果的です。置き畳も効果がありますが、薄い物ではなく、なるべくクッション性のある物を選びましょう。

対策2:いすやテーブルの足に脚カバーをつける

子供がいる家庭は、子供が走り回る音だけではなく、子供がいすを引くときの音なども気になりますよね。子供はいすを引くときも乱暴にしがちなので、大人だけですんでいる場合よりも音が響いてしまうことが多いです。

ですからイスを引く音、テーブルを移動する時に出る音にも対策を施しておくと良いでしょう。

イスやテーブルの脚に「脚カバー」を取り付けておくと、防音にもなりますし、床の保護のためにも効果的です。市販品もありますが、手作りもできます。

対策3:ドアを閉める音にはドアクローザーや戸当たりテープが効果的

お子さんの場合、ドアを閉めるときもついつい大きな音でバタンと閉めることが多くなりますよね。この音も、非常に良く響きます。

大人だけなら気をつけて閉めることもできますが、お子さんだとついつい忘れてしまうこともありますよね。

この対策として、ドアの上部にドアクローザーをつけたり、ドアの枠に戸当たりテープをつけると音を防ぐことができます

また、ドアクローザーをつけると扉を閉めるときに速度をゆっくりにできるため、子どもが指をはさむ事故も防止できます。

対策4:家具の配置を子供が走り回れないよう工夫する

子どもは広い空間があると走り回ってしまう物です。

走り回ることができないように、家具で行き止まりを作るなど、子どもが走り回りにくい家具配置にしておくと走り回ること自体が減るため効果的です。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ