上の階の住人のジャンプする音(縄跳び)に悩み眠れなくなって

性別 女性
年齢 28歳
イニシャル Y.M.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 13年
構造 鉄骨

今まで3度引っ越しの経験があり、そのどれもが賃貸のマンション住まいです。どのマンションも鉄骨作りで築10~15年と比較的古い建物ですが、騒音で悩んだ事はありませんでした。

しかし今回のマンションはどうにもうるさく、今までは環境に恵まれていたのだと感じました。

このマンションに決めた理由

その問題の騒音マンションに住む事に決めたのは、駅まで徒歩10分で3LDK、近くにコンビニやスーパーもあり家賃も安かったからです。築年数は13年ですが、今までもそれくらいの所に住んでいて何のトラブルもなかったので、今回も大丈夫だろうと思っていました。

今までの引っ越しは両親の仕事の都合でしたが、今回の引っ越しは私の初めての1人暮らしという事で、金銭的にもお得なマンションにしたかったのです。

引っ越して初日に悩まされた騒音

そのマンションへ引っ越ししてすぐ、上下左右のお部屋へご挨拶に伺いました。下のお部屋と左右のお部屋は特に問題はなかったのですが、上のお部屋の人だけが留守で会えなかったので、メモとご挨拶の品であるタオルをドアノブにかけておきました。

その内ご挨拶出来るだろうと思いつつ、夜19時頃に夕飯の支度をしていると、寝室の方からドン!ドン!という何かを床へ落とすような音が聞こえてきました。

その時は特に気にしませんでしたが、深夜1時頃にまた同じような音がして、それが朝4時、5時頃までずっと聞こえていました。

約2週間毎晩悩まされた騒音

その日から毎晩深夜~朝方まで、ずっとドンドンという大きな音が聞こえていました。何時間もそれが続くので次第に気になって眠れなくなってしまったのです。

2週間経った頃に一度注意しようと、音が鳴り始めた時に上の階の人の部屋へ行き、インターフォンを押しました。すると汗だくになった男性が、「何ですか?」と出てきたのでした。

騒音の正体は上の階の住人がジャンプする音

住人に「毎晩夜中から明け方までドンドンと音がするのですが、一体何をされているんですか?」と尋ねました。

すると悪びれもせず「縄跳びしてるんです」と言ったのです。

何と男性は、ダイエットの為と言って家の中で縄跳びをしていたのでした。男性は体重が80kg近くありそうな巨漢で、この人がジャンプすればそれは音が響くだろうと納得でした。

騒音のせいで睡眠障害に

男性に、夜中に部屋の中でジャンプするとその音が下の部屋に響いてしまうんです、と伝えてもう縄跳びは部屋の中でしないようにお願いしました。

その時はムスっとした顔をしつつも納得してくれましたが、3~4日経った頃からまた同じような音が聞こえ出したのです。ドン!という音は本当に大きく、しかも寝室の真上で鳴るので気になってしょうがないのです。

一定間隔で鳴り響き、その振動で電気も若干揺れる程です。

その内音のせいで眠れなくなり、市販の睡眠導入剤を飲まないと落ち着けなくなってしまいました。毎日イライラして、本当に辛かったのです。

管理会社に連絡を入れてそこから注意をしてもらう事に

再び音が鳴り始めて1週間経った頃、毎日睡眠時間が削られ辛く、このままでは益々ストレスが溜まると思いました。

でも私が注意しても駄目だろうと思ったので、マンションの管理会社へ苦情を入れたのです。翌日部屋に様子を確認しに来た管理会社の方に事情を説明し、上の階の住人へ注意をしてもらいました。

管理会社の注意のおかげで騒音は止みました

実は上の階の住人は、私の前の住人の時にも同じ事をして「今度やったら退室」と管理会社より注意を受けていたそうです。

スムーズに話しは進み、上の階の男性住人はそこから強制的に引っ越しを余儀なくされました。私のお隣の階の住人にも騒音は聞こえていたようで、その方達が管理会社へ行ってくれていたのも良かったのかもしれません。

個人で注意すると更なるトラブルに発展しやすいですが、管理会社なら味方についてくれる事が多いので、今回は非常に助かりました。あれから平穏に、騒音に悩む事なく過ごせています。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ