騒音で下の階からクレームを言われ気を使い過ぎてストレスに

性別 女性
年齢 34歳
イニシャル T.M.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 19年
構造 鉄骨

結婚を機に夫と二人暮らしするために賃貸物件を探していました。

東横線沿いで人気の駅から徒歩圏内なのにとても安い物件を見つけたので即問い合わせてみると、安い理由が大家さんが年で間もなくこの物件も売って引退するので長くても4年(2年契約なので更新は1回のみ)しか住めない条件付であったからということでした。

そこに定住する予定の無かった我々は、4年も住めれば充分と思い契約して住みはじめました。

住んで見なければ分からなかった騒音の悩み

その物件は二階建てのアパートで、我々が借りたのは二階でした。引越しの挨拶にと自分の下の階の家へご挨拶に向かうと、そこに住んでいたのも自分達と同じくらいの年齢の夫婦で、子供もいないようでした。

その後2、3日してから家の整理を日曜日に行っていました。引越ししたての家に二人とも気分が良かったので少し騒ぎながら。

するとインターホンがなり、誰かと思って出てみると、それは下の階の旦那さんでした。なんだろうと思っているとその方は「あの…うるさいんですけど…。」と一言。一瞬訳が分からず、でも騒いではいたかなと思いながら、すみませんと謝ってその場はそれだけで終わりました。

実は薄かった上下の壁

確かに騒いではいたが、わざわざ家に来て申し出られるほど騒いではなかったと思ったので、うるさい人が住んでて運が悪かったなとがっかりしていたのですが、その後しばらく住んでみると、なんと下からの生活音が聞こえてきました。

ドアを閉める音や、時には、ごくわずかですが、女性が話しているような声が聞こえてくるのです。特に座っているときや床にねころんで本などを読んでいるときに、良く聞こえました。

その時初めて分かりました。上の階でこんなに音が聞こえてくるなら、下はもっと酷いだろうと。

隣からの音は聞こえてきたことが無かったので、どうやら一階と二階を隔てる壁がよく響いてしまうようでした。

気を使うストレス

どれだけ壁が薄いのかに気づいてからは、部屋の中を歩くのもストレスでした。

かかとからのしのし歩くと下に響く気がして、つま先で歩くようになりましたが、本当に疲れて嫌でした。

下の階にくる騒音も凄いのかも知れないが、上の階も騒音があるのでそれもストレスでしたし、ある日休日の夜に旦那の友人が遊びに来て夜の11時くらいまで談笑していたのです。

うるさかったのか、下からドンドンという天井を叩いているような振動もありました。

旦那は気にもせずドンドンとやり返しており、私はもっと下の階の住民と気まずくなってしまうとハラハラしました。

結果的に片方が出て行き決着

ある日突然下の階の夫婦が引っ越していきました。騒音に耐えかねたのか、他の理由があったのかは分かりません。

しかし、下の階が空室になってからは、本当に気にせず過ごせたので、気持ちも楽になり開放された気分でした

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ