マンションの隣室に引越してきた住人が大音量で音楽を聞く騒音主で

性別 女性
年齢 27歳
イニシャル S.I.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 21年
構造 鉄骨

ご近所トラブルの中で特に多い騒音関係のトラブル。

実家暮らしだった私には縁のないことかと思っていましたが、一人暮らしを始めてから私も騒音トラブルに巻き込まれることになってしまいました。あの日の出来事は今でも忘れません。

最初は楽しみだった一人暮らし

生まれてから20年ほど実家で暮らしていたのですが、自立するために実家を出る決意をしました。ただ非正規雇用で収入に余裕のなかったので、家賃の高くない賃貸物件に住むしかなかったのです。

そこでネットを駆使して必死に探し、家賃が5万円程度のこじんまりとしたマンションの一室を発見しました。実家から自転車で行き来できる距離だったのも気に入り、あまりよく調べずに契約してしまったのです。

これが騒音トラブルに悩まされる日々の始まりでした。

騒音の日々がついに始まる

実は引越した当初は隣が空きで、反対の部屋はあまり帰ってこない女性が単身で住んでいたので騒音は気になりませんでした。

ところが私が越してきて1か月後に、反対側の空き部屋に若い男性が越してきたのです。それから騒音の日々が始まりました。

どうやらその人は無職のようで、私が休みで平日昼間に家にいる時、彼も部屋にいるのがわかったのです。

彼は大音量で音楽を聴いており、その曲がこちらの部屋にも大音量で聞こえてきました。重低音は何をやっても響いてくるので、音楽が聞こえるたびにストレスを感じていました。

騒音対策に向けて私がしたこと

こちらは女性一人暮らしであちらは男性の一人暮らしなので、極力トラブルは避けたいもの。

そのため、最初はこちらが耳栓をしたり、ベッドの位置をずらしたりして対策を取っていたのですが、音楽の音量が大きすぎること、そして重低音は耳栓をしても響いてくるため解決にはなりませんでした。

そのあと不動産屋に電話をしやんわりと注意してもらったのですが、どうやら彼は不動産屋に嘘をついたようです。音楽はイヤホンで聴いているから僕じゃない、人違いだと言ったらしいのです。

しかし確実に音は隣の部屋から聞こえます。そこで私はレコーダーで騒音を録音することにしました。いざとなった時に証拠として不動産屋に提出するためです。

しかし、こんなにうるさい音楽がレコーダーだとわずかしか録音できず、証拠にはなりませんでした

最終的に下した私の決断

結局そのあとも何度か注意してもらったのですが、音楽は昼間ずっと鳴りやみません。夜でも聴こえる時があるし、ベランダからこちらに文句を言っているのを聞いてしまった時もありました。

それからストレスだけでなく恐怖を感じるようになって、精神的にも不安定になり、そのマンションを出ることに決めたのです。結局実家に戻ることになりました。

常識のない人に騒音の注意をしても、意味が無いということがわかったんです。不動産屋もそういう住人を強引に退去させることはできません。

特に被害者が女性の場合は舐められたり、身の危険を感じることもあるので、やっぱり最終的には引越すしかないのかな、と感じました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ