隣人の騒音に悩まされ、挙句に内容証明通知まで送り付けられました

性別 女性
年齢 32歳
イニシャル M.K.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 12年
構造 鉄骨

私夫婦は鉄骨二階建ての二階に住んでおります。ファミリータイプの一棟8件ほどの家族が住んでいるという、さほど大きくもないアパートです。ご近所との交流もほとんどなく、出会って挨拶する程度でした。

このアパートは鉄骨でも隣との壁が元々薄く、テレビの音や会話などは常に聞こえるという、そんな環境です。

ある日隣人が新たに引っ越してきた

隣は常に誰かが住まわれていましたが、夏場のある日突然元居た隣人が引っ越し、新たに三人家族(2歳児含)が引っ越してきたのです。

私が住んでいるアパートは、東日本大震災での被災者を受け入れる借り上げ住宅になっていたようで、新しいご家族もそちらから来たようでした。

引っ越ししてきた時、住まわれるご家族ではなく、身内の方が引っ越しのご挨拶に来てくださいました。なので、どのような方かは全く分からなかったのです。

隣人の騒音が始まり

隣人が引っ越してきてから騒音が始まりました。それは、ベランダでの携帯電話の会話からでした。ただの会話だったら騒音にもならないのですが、まさかの怒鳴り声でした。

夏場でしたから、我が家の窓も全開で過ごしていましたのでもう丸聞こえです。あまりの大声に窓を閉めたのですが、それでも聞こえるのです。

それは隣人は被災者だったそうで、役所とのやりとりの電話だったのです。それがもう大声で明らかに脅しをかけている電話でした。

その後も2歳の男の子が壁を蹴り上げ、それを助長するような掛け声。昼夜問わずその状況が毎日毎日繰り返されました。

対管理会社に注意をお願い

管理会社に注意してくださいとお願いしました。しかし、あくまで仲介なのでということで、直接的な注意は出来ないと言われました。

注意のチラシがまかれただけで、その他の対処は何もしてもらえず、もちろん隣人はうちではないと思っているようで、状況は何も変わりませんでした。

毎日朝から晩まで壁を蹴られ、走った振動で動悸がしてしまうほどになり、主人がいよいよ隣人宅に赴いてお願いをしたのです。

しかしその後、隣人のご主人が指をポキポキ鳴らしながら怒鳴り込んできました。少し静かにとお願いをこちらでしたのですが、と話しても全然何が悪いと相手に通じず、それから小一時間ほど続け、なんとか帰ってもらいました。

隣人から内容証明が来て

その後隣人から、内容証明が届きました。身に覚えのない騒音とのことで、怒鳴り込まれ、その後も壁を叩き脅された。という内容。

あまりの驚き、私はすぐに同じアパートの知人に連絡し、壁を叩くような壁が家具によって遮られていることを確認してもらい、そのすぐ後に電話相談でどう対応したらよいのか仰ぎました。

すると、内容証明に返事をし、期限を決め返信を仰いでくださいとのことでした。その返事とは隣人が表記している内容との相違、同じアパートの知人に家具により壁を叩けないという内容でです。

言いふらし

一週間ほど返信の期間を設け、その間もアパートの知人とやり取りをしているうちに、隣人が我が家に脅されたということを言いふらしていると聞きました。

色々と噂を聞いているうちに、ようやくまた隣人から返信が来ました。「我が家から脅されている。こちらは被災して避難して知らないところに来ているのに。」という内容でした。

周りに言いふらしていることを我が家が知らないと思っているのか、うちは悪くないの一点張りな内容でした。なのでもちろん返信は、同じアパートの方からうちのことを言いふらしているというのを聞いたと書きました。

ありもしないことを言いふらすことはどうなのでしょうか?本当に悪くないのであればそのようなことをする必要があるのですか?分かってくださっている方もいるので、もう関わりたくないので返信はいりません、と。

隣人はひっそり引っ越し

それからもちろん返信はなく、言いふらしもなくなりました。隣人も壁蹴りをしないようにしてくれたようで、驚くような音やベランダでの大声もなくなりました。

すると平穏になって2か月もしないうちにお引越しされたようです。同じアパートの方の誰にも挨拶せずひっそりと引っ越しされていきました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ