隣人の夫婦喧嘩の音で我慢の限界を超え警察に通報!

性別 女性
年齢 31歳
イニシャル M.H.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 13年
構造 鉄骨

その時は突然訪れました。我が家には小さい子もいた為、よく実家にお世話になっていたのですが、実家にお泊りに行き自宅へと帰ったら、空き部屋だった隣が居たのです。

4人家族が引っ越してきた

その家族はとても若いご夫婦と、1歳児・0歳児の4人家族でした。

騒音は帰宅した日からすぐに開始されていました。どんな騒音かというと、テレビが大音量で何を観ているのかがわかり、同じ番組を見ていると音がブレて聞こえてきていたのです。

さらに夜中から朝にかけてテレビの音量は変わらず、寝室に行ってもそのテレビの音が聞こえてくるほどでした。

夫婦喧嘩の音が

テレビの音は、まだ小さい子がいて泣くから、気にされているのかなと思い我慢をしていました。しかし、その状況がだんだんと変わってきたのです。

それは夜中の夫婦喧嘩です。それも毎晩朝まで。

我が家にもその当時同じくらいの子供がいましたので、隣人の子供たちは大丈夫なのだろうかと思いました。ですが特に子供が泣き叫ぶような声がなかったので、通報等は致しませんでした。

日中に夫婦喧嘩で警察に通報し

それは突然起きました。日中でもそのご夫婦は喧嘩をするようになったのです。以前は夜から朝まででしたが、ついに日中まで同じなのかとおもって我が家は少し疲れ気味でした。夜も寝れず日中も我が家の娘は眠れなくて、毎日機嫌が悪い日が続いていたのですから。

さすがにそろそろ厳しいなと限界を感じていたある日、隣人はいつもの通り喧嘩を始めました。

我が家はもう限界だとついに警察に通報しました。管理会社には「関係ありませんので連絡されても困ります」と言われていますので、もう警察に通報です。

連絡してから10分弱程で警察が隣に来たことを、我が家で確認いたしました。その後警察から、隣人に注意しましたと連絡を頂き、その時まさかの内容を聞きました。

それは、通報が来たのは我が家以外からも同時に来ていたということでした。しかも以前から何度か通報されていたようなのでした。

再度喧嘩があり警察へまた通報

その後も当然変わらずに喧嘩をしていましたが、今度は夜から日中の喧嘩に変わったのです。

1か月ほど日中になり、ある日いつも通りの喧嘩だと思っていたらどうやら様子がおかしいことに気が付きました。それは、子供たちが大泣き大騒ぎしていたのです。

いつもは泣いていないのにどうしたのかと思っていたら、物を我が家に向かって投げつけている音に変わったのです。

すると隣人の奥様の「やめて!」との叫び声、物が壊れる音。これはただ事ではないと通報しました。

ほかの家からの通報も常日頃されていたようなので、警察もついにという感じで急いで来てくださいました。

その後隣人の旦那様の姿は一度も見ず、それから半年もしないうちに奥様とお子さんもいつの間にか引っ越されていきました。

警察への通報が良い

やはり記録に残るということや、さすがにやりすぎだという認識をもつには警察に通報するのが良いのかもしれません。

今回は子供さんがあまり泣かなかったのでしませんでしたが、もし子供さんが泣くようであれば、児童相談所もしくは役所に連絡をするつもりでした。

ご近所さんとの交流が希薄になっている今、過敏かもしれませんが少し気にしてあげることも必要なのかなと感じた騒音事件でした。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ