学生街に住んで悪夢が!毎週末夜通しの大騒ぎで眠れず

性別 女性
年齢 22歳
イニシャル A.Y.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 8年
構造 鉄骨

家賃、駅からどのくらい、近くにコンビニはあるか、職場までどのくらいかかるか…色々と条件を考えて、その中で妥協できる場所を選ぶ…引越しの1番最初の段階って結構楽しかったりしますよね。その時は面白いんです。夢が広がります。

でも妥協しちゃう部分を誤ると最悪の展開になるんです…。私みたいにそのことで今苦労してる人ってたくさんいると思います。ほんと疲れますよね。

悪夢への入口

1年前の春先、2年ほど付き合っている彼から同棲を持ちかけられたのが始まりでした。引越して一緒に暮らそうって言われた時は、これから大好きな彼との楽しい生活が始まるって感じでワクワクでした。

仕事も面白くなってきて、すごく「うまくいってる」って感じでした。やっぱり決まったからには早く引越したいですよね。

それで話し合った結果、まず今後の結婚資金のために家賃は低く抑えること。仕事に支障が出ないように職場から遠くないこと。その二つが条件でした。

それくらいなら簡単にクリアできるだろうと思い、さっそく物件紹介サイトで調べてみるとなんだか良さそうなエリアが…。

じゃあそのへんで家賃を抑えて住めるところを、とトントン拍子で決定。家賃7万円の賃貸マンションへ引っ越すことに。

地獄への誘い

引っ越した先は駅からそれほど遠くなく、周りにはコンビニ、大型スーパー、外食チェーンもあり、私と彼も仕事が忙しい中不自由無く暮らしていました。

「こんだけ便利なのにこのマンションあんまり人いないね。」なんて言っていたのですが、夏辺りから続々入居してきました。もっとこのエリアについて調べておけば良かったのですが、駅の反対側に大学があるようで、そのあたりはいわゆる学生街ってやつでした。

で、引っ越して来るのは半分が学生。うちの隣にも学生が引っ越して来ました。そう、悪夢へ誘う奴「ら」が。

悪魔襲来

それは真夏の夜でした。翌日は早番。私の仕事はシフト制で日曜日でも早くから仕事があるのは当たり前でした。さて、早寝早起きしなきゃ…と布団に入ってすぐです。

「おつかれ~!」電気代の節約のため窓を開けていたので、ベランダ越しの隣からの声がもろに入ってきます。今日は土曜日だもんね、家飲みってやつか、と思い目を瞑るものの、「ギャハハ!」「うぇーい!!」楽しそうな声は翌朝5時まで続きました。

結局その日はイライラしながら一睡も出来ず出勤…。

その後も毎週金曜日、土曜日どちらかで大騒ぎ。さすがに彼も怒り心頭で文句を言いたかったようですが、仕返しで私になにかあったら…と直接は言えませんでした。

悪霊退散

結局のところもう大家さんに言うことしかできませんでした。しかし大家さんがとった行動は「隣人からの騒音の被害が出ています。謹んでください」みたいな張り紙だけ…。

そんなことではなんの効力も無く翌週には大騒ぎ…。しかし2か月後には静かになっていました。なにをしたのか。彼もさすがにキレていました。

彼がしたのは大騒ぎが起こるとその時間に大家さんに電話。毎週です。さすがに大家さんも「そんなにひどいならということでお隣に退去していただいた。」とのことでした。

彼はお金が貯まったら結婚と同時にまた引っ越そうと言っていますが、次は絶対に学生街は選ばないと決意しました。引っ越す先のことはよく調べなければダメだな…と反省した出来事でした。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ