赤ちゃんの泣き声によるマンションでの騒音トラブルを防ぐ方法

多くの人が暮らすマンション。みんなが気持ちよく暮らす為にはお互いに気を使いあうことが大切です。中でもトラブルになりやすいのが騒音です。

騒音にも様々な種類がありますが、「赤ちゃんの泣き声」に関する騒音トラブルはどのように対処すればいいのでしょうか?

赤ちゃんは泣くのが仕事。しかし、いつまでも赤ちゃんではない

赤ちゃんは泣くのが仕事と良く言われます。その通りで、朝も昼も夜も関係なく赤ちゃんは力いっぱい泣きます。しかし、赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんではありません。

生まれたばかりの頃は理由もなく良く泣きますが、また体力がなく、声はあまり大きくありません。そして、一年もすれば泣きっぱなしというわけではありません。

どんなに気難しい赤ちゃんでも、泣き声は期間限定、赤ちゃんは成長し、いつか終わりがくるのだと信じて対処をしましょう。

先手を打って挨拶をする

赤ちゃんの泣き声はなかなか抑えることができません。どんなに心を込めて世話をしても、あやしても、赤ちゃんをまったく泣かせずに育てることはできません。

赤ちゃんの声でマンションの近隣住民にストレスを与えないためには、先手を打って、あらかじめ謝っておきましょう。マンションの近隣の部屋に菓子折りを持って、「赤ちゃんがいるのでご迷惑をおかけします」とあらかじめ挨拶をしておきましょう。

そうすることで、だいぶ、トラブルは避けることができます。普段から近所と仲良く交流することで、赤ちゃんを可愛く思ってもらうこともできます。

そうすれば泣いていても「あら元気ね」と思ってもらうこともできるかもしれません。

窓とカーテンを閉める

赤ちゃんが泣いている間は窓とカーテンを閉めて、泣き声が部屋の外に漏れにくくしましょう。防音効果の高いカーテンも売っています。

全力で泣いている赤ちゃんの声を全てシャットダウンするのは難しいですが、窓が全開で泣かせているよりも良いです。特に、夜間の赤ちゃんの泣き声は寝ている人にストレスを与えやすいので、夜だけでも赤ちゃんが泣いたら窓とカーテンを閉めるようにしましょう。

季節によっては光熱費がかかってしまいますが、一時のことと割り切り、その後何年も住み続けるであろうマンションでの騒音トラブルを避けましょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ