泣き声がうるさい!赤ちゃんの泣き声をどうやって騒音と認識してもらうか?

マンションの騒音トラブルで問題になるものの一つに赤ちゃんの泣き声があります。

誰しも、赤ちゃん時代を経て大人になるのですから泣き声がうるさいなどと苦情を言うのは大人として失格かと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

気になる赤ちゃんの泣き声を放置したままにすることで、とんでもない問題に発展するケースもあるのです。

成長するまで待つ?

赤ちゃんもいつまでも小さなままではありません。うるさいと思っていても、あっという間に成長し、やがて赤ちゃんではなくなり、幼児、子供へと成長していきます。

しかし、「いつの日か成長するまでの我慢」と長く辛抱することが騒音を解決することに?がるのでしょうか。実は、そうではありません。

赤ちゃん時代に泣き叫ぶように育てる親の中には、成長した子供になってもマナーを教えずに育てる傾向があります。大きく成長した子供の声は赤ちゃんよりもはるかに大きな声や音を立てるのです。

どうすれば良いか

では、どうすれば良いのでしょうか。赤ちゃんの親は、泣き声がマンションに聞こえているということは理解しています。しかし、可愛いわが子ですから、泣き声も可愛いと認識しています。

実際に、ペットを飼っている本人には可愛いペットでも他人には騒音、迷惑でしかないことも多くあります。赤ちゃんも同じです。

昼夜問わずに響く声は、マンションの住人には騒音でしかありません。それを当人に気付いてもらうことが大切なのです。

まず、顔を合わせたら、必ず挨拶をして出来れば話しかけるようにしましょう。自分たち以外にも住人がいるよとアピールするのです。

もちろん、赤ちゃん家族は他に住人がいることは理解しています。しかし、「こんにちは、赤ちゃん大変ですね」なんて声を掛けられたら、「すいません、うるさくて」と言わざるを得ない状況になってしまうのです

どういう効果があるか

つい、口から出た言葉に初めて迷惑かもと認識するようになるでしょう。しかし、すぐに効果はないかもしれません。赤ちゃんの泣き声はコントロールできないからです。

しかし、何度か挨拶をかわし「赤ちゃん元気ですね」、「かわいい声で成長をしているのがわかりますよ。」と声を掛けることで、少しずつ赤ちゃん家族の様子に変化が現れるのではないでしょうか。

もしかして、騒音になっているのではと、気付かせることが出来れば成功です。少しずつ治まってくるでしょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ