夜中に音楽が!隣人が聴いている音楽の重低音が聞こえてきて

賃貸マンションに住んでいますが、毎週土曜日の夜中の2・3時頃から1時間ほど、お隣の部屋から、音楽やラジオの音が聞こえてきます。

夜中という時間も時間だけに本当に困っています。

音楽に合わせて歌う

音楽が好きな方なんだと思うんですが、音楽を聴き始めてしばらくすると歌いはじめます。その歌も、70年代80年代のフォークソングのような歌ばかりです。

香山雄三や、谷村信二、松山千春などそんな歌ばかりなんです。低い声でゆっくりとした、音楽なので、壁伝いになんとなく聞こえてくるものがお経のような感じで伝わってきて、少し怖いんです。

一番初めに、この深夜リサイタルに気づいたのも、深夜にふとお経が聞こえる!と目を覚ましたのがきっかけでした。また、歌と歌の間のラジオのパーソナリティの方のトークもはっきりと聞こえてきます。

それに合わせて笑ったりもするので、ウトウト寝に入ったところで起こされたりもします。

家具の位置の問題

私のベットが壁にくっつけるような恰好で配置してあります。その壁の向こうの隣人は、その壁沿いに置いた棚に、ラジカセを置いて音楽を楽しんでいると思います。

だから、余計に音が近くてうるさいのだと思うのですが、反対側の壁にはストーブが設置してある関係で、ベットは今の位置にしか配置できません。

かといって、お隣の方にいう事もできずにストレスばかりが増えていっています。

音楽のボリュームがそもそも大きい

夏場、その方も私も窓を開けてテレビを見ていた時がありました。ちょうど日曜日のサザエさんの時間だったのですが、私の部屋のテレビのボリュームを全て消しても、お隣から漏れ出てくる音で十分に内容把握できるくらいの大音量でテレビを見ているんです。

その方その方の感覚があると思いますが、お隣の方は、大きすぎるボリュームでも「普通」と思っている事がこの時わかりました。

壁ドンしよう

我慢に我慢を重ねましたが、リサイタルが1時間半になろうかという時についに限界を迎えました。「もういい加減にして」と言いながら壁をドンと叩きました。

あちらの音が聞こえるくらいですから、こちらの声も聞こえたのでしょう。音楽も、歌も終了となりました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ