楽器の重低音で眠れない!マンションの隣人に悩まされた時の対処法は?

マンションに住んでいて、隣の住人の騒音に悩まされた経験がある方は意外と多いのではないでしょうか。

なかでも楽器演奏の重低音などは大きな悩みの種です。特に、夜中に演奏されたりすると睡眠不足になることもあるので、健康問題にまで発展する可能性があります。

家賃やローンを払って住んでいるわけですから、我慢せずに解決策を講じていく必要があるでしょう。

騒音を我慢しないことが解決の第一歩

楽器演奏による騒音は、普通の騒音と比べてもかなり深刻です。演奏している本人はそれほど気にならない音でも、意外と周りには響いているものです。

問題は、日常生活の妨げになるかどうかということです。もし、夜自宅に帰ってきてからも楽器の音が鳴り止まず、それによって眠れないなどいう状況になったとしたら、絶対に我慢しないことです。

我慢しても、隣人が引越しをしない限り、騒音は止むことはありません。疲れた体は十分な睡眠によって回復します。その睡眠が十分に取れなければ、仕事に影響が出るばかりか、心身にも悪影響を及ぼしかねません。

生活に支障が出るようなら、管理会社や管理組合に相談しましょう

もし、深夜まで楽器演奏の音が聞こえて眠れなくなってしまったら、直ちに行動しましょう。と言っても、隣の住人に向かって壁を叩いたり、実際に隣の人の部屋に乗りこんで行くのはトラブルの原因になりますので避けたいところです。

近年では、こうした騒音問題から大きな事件に発展しているケースもあります。直接クレームをするのではなく、賃貸マンションであれば管理会社へ、分譲マンションであればマンションの管理組合、もしくは管理人さんに相談しましょう。

その方がトラブルもあまりなく済むでしょうし、騒音がおさまる可能性は高くなるはずです。

普段のご近所付き合いはいつも通りに行う

管理会社や管理組合に相談できれば、ある程度騒音問題は解決するでしょう。しかし、クレームを受けた側は、人にもよりますが、なかには憤りを感じている可能性もあります。

そこで、ご近所付き合いに関して、アドバイスを一つあげたいと思います。

挨拶や会釈など、これまでと同じようなご近所付き合いを続けるということです。間違っても、これまでのイライラをぶつけようとして睨んでみたり、相手が挨拶をしてきたのに無視をするなどということはしないようにしましょう。悪態をついてしまっては、せっかく終息に向かっていた問題が再燃しかねません。

マンションは、隣の人だけでなく、上の階にも下の階にも人が住んでいます。集合住宅には、トラブルはある程度付き物かもしれません。ですが、快適なマンション生活を送るためには、時にはしっかりと意見を言うことも必要です。

繰り返しになりますが、決して我慢したり、泣き寝入りすることだけはしないことです。管理会社や管理組合はこういう時のためにあるのですから、利用しない手はないのです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ